看護師の職業病

「職業病」といった言葉は多くの人が耳にしたことがあることでしょう。
仕事をする上で、どうしても癖や習慣ができてしまうのは当然ことです。
これはもちろん良いことであります。
中には「慣れ」がマイナス作用することもありますが、基本的には効率よく仕事をこなすために自然と身につけていることといえます。
自分では気がつかないうちに職業病になっているケースは多々あるものです。


看護師についてはちょっと特殊な仕事といえます。
扱うものは人であり、薬品です。
またミスは許されない職場となっています。
「ちょっと間違えました」「ミスをしました」ということが人の命に関わることもある仕事だからです。
となるとそうしたミスは極力減らさなければならないですし、むしろゼロにする気持ちで取り組むことが大事といえます。


それぞれの仕事によってもさまざまな職業病があり、例えば運転手なら腰が痛いといった話はよく耳にします。
OLならパソコンで目が疲れるといったことも一般的な説です。
仕事については1日8時間労働が多いため、自分の想像以上にハードなものです。
ハードな中、いかにして乗り切るかも1つのポイントとなります。


ここでは看護師に目をむけて、どういった職業病があるのか紹介していきたいと思います。
看護師ならではの職業病がきっとあるはずです。
その点に注目してみたいと思います。
良い面についてはぜひとも見習いたいところです。
見習うことでプラス効果もあるはずです。


●外部リンク
看護師を対象に美容外科が求人を行っているサイトです > 美容外科 求人