愛想笑い

どんな職場でもそうですが「愛想笑い」についても大事なポイントとなっています。
もちろん1番いいのは本心からの笑いですが、時として愛想笑いが求められる現場もあるわけです。
笑いというのは大事なコミュニケーションの1つであり、相手の気分を明るくする要素の1つでもあります。
そのくらい笑いについては大事なポイントなのです。


看護師についても愛想笑いは重要です。
実は笑うことができない深刻な内容であっても、患者を安心させるために笑顔を心がけるときもあることでしょう。
患者についても笑顔を見ると気持ち的にも安らぐといった声が少なくありません。
特に切羽詰った現場や医療などについては笑顔は大事なことといえます。
これはとても良いことです。


これについても実は職業病の1つです。
愛想笑いについてはこのように武器の1つでもあるのです。
相手に安心感を与えることが笑顔1つでできるなんて、なんてすばらしいことでしょうか。
仏頂面だと誰しもいい気分はしないものです。
その点も踏めて、ぜひとも見習いたいところです。
きっと良い方向に行くことと思います。
笑顔については普段から意識したいところです。
笑顔は周りの気持ちをサポートさせてくれる効果もあります。