楽観的意見

楽観的意見については賛成と反対の場面があることと思います。
すべてがすべて楽観的というのは困りものですが、楽観的な考え方で気持ちがほぐれたり、緊張感が薄れるときもあります。
また癒されるケースもあることでしょう。
このように楽観的というのは良い方向へ作用することも少なくありません。
この点についてもぜひとも見守りたいところです。


看護師については楽観的なことをあえていうこともあります。
本当は深刻で、もう手のほどこしようもない状態なのかもしれません。
しかし楽観的なことを言うことによって、相手の気持ちをほぐしたり、楽にさせたいといった気持ちがあるケースが多々あります。


医療現場については常に深刻で、また一刻を争う場となっています。
さらにもうどうしようもできない場合もあるわけです。
このように大変なことがいくつもあるわけですが、患者のストレスにならないようあえて楽観的なことを言って安心させるといったことも必要なときがあります。


こうした取り組みもそれこそ職業病の1つといえる場面です。
良い意味での職業といえるのではないでしょうか。
患者の気持ちを少しでもやわらげたいという思いやりからの職業病です。
ぜひ参考にしてください。