土壇場での対応

医療の場面では「土壇場」が日常茶飯事です。
急に患者の容態が急変することもありますし、またピンチを迎えるときもあります。
なんとかして切り抜けたいと思っても、どうすることもできない場面も多々あります。
これは非常に残念ですが、割り切るしかありません。


土壇場での対応については特に看護師は慣れているケースが少なくありません。
ここはという正念場を毎日経験していたら、それもそのはずです。
気持ち的にも強くないと看護師をすることは難しいですし、だんだんこうした出来事にも慣れが生じてくるものです。


こうした場面では慣れも重要であり、慣れによって落ち着いて対処できるといった効果があります。
誰しも緊急事態にはパニックになるものです。
パニックになってはいけないと思っても、なかなかそうはいかないわけです。
仕事でもパニックの際は、思うように物事ができないものです。


対応についてはまちまちですが、この件を見習ってもしものときの練習をしておくことは大事なポイントといえます。
練習をして身につけておけば、緊急の際も対処のしようがあります。
逆にまったくそうした知識がないとあわててしまい、対処ができないケースが少なくありません。
このような面からも見習いたいポイントがいくつかあります。